むやみにハイレベルに手を出さない!【参考書・講座の選び方】


進学校に通って、難関校を目指している皆さん!
いきなりハイレベルな参考書に手を出そうとしていませんか?

それは危険です。

特に苦手科目は、易しめの参考書をしっかり仕上げるのが先です。

これは、一般の予備校で講座を選ぶ際も同様です。
特に、高1、高2生で、
「自分は進学校だから、とりあえずハイレベル」
みたいに安易に選ぶと時間の無駄になってしまいます。
実は私がそうでした。。

予備校の人気講座や、東進・スタディサプリなどの映像授業は、解説が鮮やかでわかりやすく、
ハイレベルでも、なんとなくわかったような気になります。

ハイレベルな参考書も、最近は、レイアウトが綺麗で、
なんとなく読めてしまうかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

その内容、本当に自分のものになっていますか?
同じ問題を自力でできるようになっていますか?
模試で類題が出されても、確実に正解することができますか?

その観点でみていくと、少しレベルに合っていない参考書を使ってしまっているかもしれません。
もし、レベルに合っていたとしても、参考書の使い方として、効率は良くないかもしれません。

どのような場合でも、確実に自力でできるようになっているか確認する。
これが重要です。

どのような参考書を、どのように使うのが最適か?
これも、武田塾の受験相談でお話ししています。

現在、武田塾恵比寿校では、

・効率的な勉強の仕方

・入試までの勉強の進め方

・成績が上がるおすすめの参考書

・志望校の決め方

等を無料でお教えしています。

他にも受験に関するお悩み、なんでも相談に乗ります!

下記のページからお気軽にお申し込みください!

 

武田塾恵比寿校の無料受験相談はこちら

武田塾自由が丘校の無料受験相談はこちら

または、お気軽にお電話ください!
TEL:03-6451-2957(武田塾恵比寿校)

掲載元:武田塾恵比寿校ブログ

 


コメント欄は閉じられています。